ずっと憧れていた航空業界で

自分に合った仕事を見つけて

充実した日々を過ごす彼女。

 

これから達成したい目標や

夢を叶える方法について

色々と話を聞きました。

 

最初のインタビューから読む

ひとつ前のインタビューを読む

===========

Q:次のステップについては、どう考えている?

A:実は、中東の会社への転職が決まったから、もうすぐ今の会社は退職するの。砂漠の国・カタールで、今と同じ仕事をする予定。CAとして働きはじめた時から、いつかはLCC以外でも働きたいと思ってたけど、ここまで来るのに5年かかったね。

 

Q:なぜ中東の航空会社にしたの?

A:将来はヨーロッパで暮らしたいから、その目標に近づくためだよ。ヨーロッパを旅したときに、歴史とか空気感とか、人生に対する考え方に強く惹かれたの。中東って、地理的にもアジアとヨーロッパの間でしょ?いきなりヨーロッパ勤務の仕事をゲットするのはハードルが高いから、まずはヨーロッパに多くの便を就航している会社で働くことが、今回の転職の大きな目的だった。

 

Q:どれくらい転職活動をしていたの?

A:職種も勤務地もかなり絞っているから、「受けたい」と思える求人自体が少なくて、募集が出るたびに応募していた。次の転職先の会社には、過去3年くらいの間で7回応募したけど落とされ続けて、今回8回目でようやく合格できたの。5回目あたりまでは落ちるたびに心が折れてたけど、そのあとは落ちても何とも思わなくなった(笑)

 

Q:じゃあ受かったときは、かなり嬉しかったんじゃない?

A:嬉しかったけど、「やっとか…」って感じの方が大きかったね。今年3月に募集が出てすぐに応募して、4月に書類審査合格の通知が来て、その月の中旬にテレビ電話で1次面接を受けたの。5月に最終面接をカタールで受けたんだけど、そこから2ヶ月ほど連絡がなかった。また落ちたかと思っていたら、7月に最初のオファーが出て、正式オファーが出たのは9月に入ってからだった。

 

Q:国ごとに、採用のスピード感って全然違うよね。新しい挑戦に向けて、どんな気持ち?

A:不安はないけど、やることはめちゃくちゃある(笑)実は、今はスーパーバイザー(日本でいう係長?)という立場だけど、次の職場ではスタッフ(一般社員)レベルからのスタートになるの。カタールという国にも面接で訪れるまで行ったことがなかったくらいだし、これはあくまでヨーロッパに近づくためのステップ。まだまだ落ち着く気はないから、行動していくだけだよね。

 

Q:キャリアダウン(降格)になることに抵抗はなかった?

A:転職先から最初のオファーを出されたときに、今の会社からカウンターオファー(給与や待遇を上げることで、転職希望の社員を引き留めるためのオファー)ももらったの。だけど、私にとっては条件の問題じゃなかったから、申し訳ないけど断ることにした。

 

Q:夢をかなえる自信はある?

A:自信はある!というのも、私は「近づくこと」の意義を信じてるんだよね。今の会社に入れたのだって、あの日本でどん底だった時期に「バス代の無駄」って言われながらも、休みのたびに空港に通って、あの場所の空気を吸っていたことから始まったと思うの。中東で働きながら、仕事でヨーロッパと関わったり、休日に現地を訪れることで、またそこから生まれるものがあると思うんだ。

 

Q:そこから生まれるものって?

A:その先がどうなるか分からなくても、行動することで、必ず次につながっていく。ちょっとスピリチュアルだけど(笑)、目に見えない何かがつなげてくれる。だから私の役割は、そこに近づいたり、行動したりして、「シグナルを出しておくこと」だけ。「そんなことに時間やお金を使って何になるの?」って誰かに言われたとしても、「知らない」って答えておけばいい。目標は常に変わっていくけど、心が楽しくなることを追いかけていると、自分らしくて自由なところにつながっているものだよ。

 

Q:これまでを振り返って、一番誇りに思っていることは?

A:地獄だった時期を抜け出したこと。それと、自分の「根性」かな。根性のある人間だからこそ、頑張りすぎてしまいやすいのは今も変わらない。でも、頑張る動機が「みんなに好かれたいから」「認められたいから」じゃなくて、「自分のため」とか「自分自身で納得できるレベルに達したい」に変わると、バイタリティ(生命力)につながるんだと思う。

 

===========

 

★サリーの話⑤を聞いて、良いなと思ったこと★

1.自分の行きたい場所・やりたいことに向かって、(何度落とされても)根気強く行動し続けたこと。

2.いきなり目的地にたどり着けなくても、「近づくこと」で次の可能性を切り開いていること。

3.「頑張りすぎた→心を病んだ→もう頑張らない」ではなく、頑張る動機を変えることで、「根性」という自分の強みとうまく付き合っていること。

 

★あなたへの質問★

あなたの最終的な目的に近づくために、今できること・行ける場所はありますか?