Nahoko Toyota

Communication Designer JPN – ENG – SPN

PROFILE

Nahoko Toyota

コミュニケーションデザイナー

1986年 大阪府生まれ

2019年 フリーランスとして独立

プロフィール

1986年 大阪府生まれ

 中学生の頃、人と少し違うだけで仲間外れにされたり、先生に注意される学校文化に違和感を覚える。「違っていても、仲良くやる方法ってないのかな」という疑問を抱く。

2010年 大阪大学外国語学部を卒業

 19歳の時、大学を1年間休学してニュージーランドへ。先住民や移民の文化が混ざり合う社会に興味を持つ。復学後、日本国内のダイバーシティ(多様性)を研究する。

 また在学中から4年半、『源氏物語・宇治十帖』の翻訳プロジェクトに携わる。(2012年出版:”The tale of Genji. The Uji chapters”)

 卒業後、移民が多く暮らす「多文化都市」として有名なカナダの首都トロントに移り、1年間生活する。

2011年 メキシコへ渡航

 日系自動車部品メーカーに就職。現地採用のスペイン語通訳として、日本人駐在員と現地スタッフの意思疎通をサポートする。

 その後、人材開発プロジェクトのリーダーに抜擢され、急成長する同社の研修システム作りに貢献。

 3ヶ国語を活かして、日本本社や米国支社と連携しながら、グローバルプロジェクトにも携わる。

2014年 東京・楽天株式会社へ転職

 グローバル人事部(=本社人事)にて、人材開発課に所属。

 年間1500名以上の国際色豊かな新卒・中途・幹部層の新入社員に対して、入社研修およびサポートを行う。外国出身新卒およそ30名のメンター(相談役)も務める。

 同部ダイバーシティ推進課に異動。異文化理解研修、毎月開催の社内イベント、外国人社員コミュニティとの連携を担当する。

2018年 オーストラリアへ渡航

 日本企業以外での経験を積むべく、現地にて求職活動。

 世界的に有名な語学学校のブリスベン校で短期間勤務したのち、メルボルンにある米国系製薬会社に就職。

 同社ピープルサービス部に所属し、APEC地域(オーストラリア、日本、中国など9ヶ国)の報酬制度・人事ITシステム関連業務に従事。

2019年1月 帰国し、独立

屋号:

関西グローバル人材コンサルティング

所在地:

大阪(事務所等は設けておりません)

ご連絡先:

info@nahokotoyota.com

SNSでフォローする

© 2019 Nahoko Toyota

テーマの著者 Anders Norén