Skip to main content

How to cure your Japanese-company-phobia: The ...

To be miserable working in Japan, you need three things: Critical thinking, desire to fit in and impatience. Let me explain the recipe for misery.    In many countries, especially in the western culture, critical thinking has been recognized as a good trait. It’s usually a sign of someone smart and confident. Throughout your childhood […]

バラカを逃すのは簡単だった

Mohammed Faris – World Domination Summit 2017 Speaker “The missing soul of productivity – leveraging spirituality to boost our productivity”   アメリカといえば、 弱肉強食の資本主義社会の中心で ファストフードなどのチェーン店や セレブリティ文化の発信地でもある。   そんな主流社会とは違う生き方を求めて アーティストやフリーランサーが集まる街が オレゴン州にあるポートランドだ。

ワークライフバランスの本質

「ワークライフバランスが欲しい」   そう言うときのあなたは、 いったい何を求めているのか。   自由な時間が欲しいからって、 無職になりたいわけじゃない。   趣味を充実させたいからって、 ヨガを習えば満足なわけじゃない。   オーストラリアで働いていても、 仕事には締切や成果がつきものだし、 グローバル企業で働いていれば、 夜中のテレビ会議だってある。   じゃあなぜ、この国では、 ワークライフバランスが高いという 「感覚」を得ることができるのか。

複雑なダンスを踊るために、必要な実験。

金曜日の仕事を終えた帰り道は、 ちょっと気晴らしが必要な気分だった。   私はライブ演奏を聴くのが好きで、 ノリの良いラテン系のなかでも 特にキューバ音楽が好きだ。   グーグルで調べてみると、 町の中心部から少し離れた店だが、 キューバ音楽ライブがあるらしい。  

仕事と個性:あなたの恩師は「最も優秀な教師」とは限らない

小学校から高校、大学までを振り返って 「この先生は好きだったな」という 教師の顔は思い浮かぶだろうか?   私は、ほとんどの先生が嫌いだったけど、 2人だけ、心から尊敬・感謝している人がいる。